​金 賞

星.png
星.png

香川県  多度津町

多度津町様.JPG

受賞スピーチ

選評

金賞受賞にあたり、大きく2点が評価されました。
1点目は、多種多様な手法により分析を行い、タウンプロモーション戦略等を策定している点、2点目は、手あげ方式による有志職員と民間メンバーによる官民協働組織を立ち上げ、各団体等と連携した取り組みを実施し、タウンプロモーション活動に住民を巻き込んでいる点です。
「たどりつく多度津」がキャッチフレーズに留まらず「幸せにたどりつく」というブランドコンセプトまで展開されるよう、ロジックモデルに乗っ取ったKPIとKGIの設定と、評価検証が実装されることで、より良くなると思われます。
 

受賞団体コメント

香川県の多度津町でございます。この度は、多度津町の取り組みを「金賞」にお選びいただき、誠にありがとうございます。大変光栄でございます!
また、実行委員会の皆さま方におかれましても、アワードの立ち上げから審査まで、色々とご苦労があったのではないかと拝察いたします。大変お忙しい中、このような素晴らしいステージを設けてくださいまして、本当にありがとうございました。
さて、私どものまち、多度津町では平成28年度よりタウンプロモーション事業で、「まちの魅力づくり」と、「情報発信」という2軸でのプロモーションに取り組んで参りましたが、これまで事業を主に推進してきましたのは、官と民からメンバーが寄り集まって組織されている「多度津町まねきねこ課」でございます。
本日もここに、「まねきねこ課」の課長を務めておられる、鈴木さんにお越しいただいていますが、この「まねきねこ課」という組織が、行政と民間のそれぞれの持ち味・強みを活かして、例えば、多度津町に昔からある魅力の一つで、桜の名所でございます「香川県立桃陵公園」を、桜に見立てたピンク色のランタンで装飾し、冬の時期にも桜の名所を楽しんでもらうことを狙ったイベント「たどつ桜んたんページェント」を新たに開催したり、地元のケーブルテレビやタウン誌と協働して、多度津町の魅力を紹介する番組や冊子を制作するなど、行政だけ、民間だけでは実現できなかったことを、これまで実現して参りました。またフェイスブックやインスタグラム等の活用につきましても、「まねきねこ課」のメンバーが積極的に取り組んでおり、町内外の皆さまが、多度津の魅力に触れる機会の創出につながっているものと考えております。
また「まねきねこ課」による様々な取り組みが行われてきた中で、最近では、本事業以外(・・)のところでも、町内で様々な連携・コラボレーションが生まれるようになって参りました。少しずつではありますが、町内に元気が出てきたように感じているところです。
この度の受賞を励みに、今後も官民連携によるタウンプロモーションに取り組んで参りたいと思います。本日は誠にありがとうございました!

資料ダウンロード